不動産を購入するお金

お金の用意を忘れない

最低でも、200万円ぐらいの不動産を購入しないと投資を成功させることはできません。
しっかりと蓄えておきましょう。
ですが200万円貯めることは大変ですし、すぐに開始したいと考える人もいます。
どうしてもお金を自分の力だけで準備することができない場合は、金融機関に相談してください。
金融機関からお金を借りれば、自分の欲しい不動産を購入できるようになります。

お金が足りないからと言って、妥協して不動産を購入することは絶対にしないでください。
妥協して安いところを購入しても、上手く入居者を増やせないので損をします。
不動産投資を成功させて利益をたくさん得られれば、金融機関に借りたお金をスムーズに返済できるので問題は起こりません。

管理する費用が発生する

不動産を購入すれば、あとは何もいらないと考えている人が多いのではないでしょうか。
ですが、管理費が必要になると思ってください。
必ず劣化するので、リフォームが必要になります。
新築のアパートやマンションを購入した場合は、リフォームするのは5年ほど先になります。
今は綺麗でも、数年後にはリフォームしなければいけないと思ってお金を蓄えておきましょう。

不動産投資で稼いだお金をきちんと残しておけば、リフォーム代金を簡単に揃えられます。
中古の物件を購入する時は、リフォームする時期が少し早まるかもしれません。
不動産を管理している時は、何が起こるか分からないと思ってください。
いつ何が起こっても、スムーズに対応できれば大丈夫です。


▲先頭へ戻る